横浜イングリッシュガーデン のバラの見ごろやバラまつりとバラ園情報

横浜イングリッシュガーデン は 神奈川県 横浜市 にあるバラ公園です。
横浜イングリッシュガーデン のバラの見ごろや開花状況、バラまつりとバラ園の開園時間、入園料をご紹介します。

横浜イングリッシュガーデン バラの見ごろ

1,700品種2,000株のバラが植えられています。

バラの春の見ごろ : 5月上旬~6月上旬
バラの秋の見ごろ : 10月中旬~11月中旬

横浜イングリッシュガーデンのバラの開花状況 2017

10月13日
秋バラが咲き始めです。

6月11日
バラがまだまだ楽しめます。

5月19日
約50mのローズトンネルが見ごろです。

5月11日
バラが見ごろです。

5月6日
早咲き品種のバラが見頃です。

神奈川県 にあるその他のバラ園情報

スポンサーリンク

バラまつり情報 2017

ローズフェア
開催期間 5月3日~6月4日

5月3日~
8:00~ 早朝プレミアム開園

5月6日
13:30~ 加藤孝幸氏 「ミニチュアスモールハウスから広がる庭の世界」

5月7日
13:30~ 蓬田勝之氏 「バラの香りの秘密」

5月13日
13:30~ 食野雅子氏 「ターシャ・テューダーとの出会い、そして生き方を語る」

5月27日
13:30~ 松尾正晃氏 「限られたスペースでも楽しむツルバラの魅力 ~仕立てから花後の管理、夏越しのポイント~」

5月28日
13:30~ 金子明人氏 「ガーデンで花咲くレマチスの育て方、楽しみ方」

6月4日
13:30~ 上野砂由紀氏 「上野ファーム流 ‛北国の庭づくり’ 」

ワークショップなど多彩なイベントが開催されます。

スポンサードリンク

横浜イングリッシュガーデン 情報

『横浜市の花』に制定されているバラを中心に、
横浜の気候風土にあった草花や樹木を植栽しています。

5つのコンセプトガーデンから構成されいていて、
全長50メートル以上の「ローズアーチ」や、
樹木に絡ませたりとさまざまな形で楽しめます。

横浜開港150周年を記念して「ハマミライ」、
横浜バラ会創立50周年を記念して「ローズヨコハマ」が
公募で名付けられました。

英国のバラ栽培家ピーター・ビールズさんが、
横浜イングリッシュガーデンのために作った
「シティー・オブ・ヨコハマ」も楽しめます。

2016年10月26日に開園以来の来園者数が50万人を達成致しました。

住所
神奈川県 横浜市 西区西平沼町6-1 tvk ecom park内

WEBサイト
横浜イングリッシュガーデン
Facebook
横浜イングリッシュガーデン Facebook
Twitter
横浜イングリッシュガーデン Twitter
Instagram
横浜イングリッシュガーデン

2017年度
ハイシーズン 5月3日 ~ 6月4日
春秋シーズン 4月1日 ~ 5月2日 、 6月5日 ~ 7月2日 、 9月30日 ~ 11月19日
、 3月17日 ~ 3月31日
夏冬シーズン 7月3日 ~ 9月29日 、 11月20日 ~ 3月16日

開園時間
10:00~18:00

入園料
ハイシーズン 大人 1000 円、 小中学生 400 円
春秋シーズン 大人 700 円、 小中学生 300 円
夏冬シーズン 大人 500 円、 小中学生 200 円

定休日
年末年始

駐車場 あり (無料)

横浜・中華街の観光スポット たびノート

横浜イングリッシュガーデン YouTube

バラの栽培品種

ベルベティ・トワイライト、真夜、ザ・ナイト、ラプソディー・イン・ブルー、空蝉、グリーンローズ、シティー・オブ・ヨコハマ、きずな、ホット花巻、桜島、
ドリーム・ラバー、チャーリー・ブラウン、ブラウニー、スパニッシュビューティー、ファースト・キッス、たそがれ、パーパ・ジョン・ポールII、プリンセス・オブ・ウェールズ、
ローズヨコハマ、ハマミライ、クリーム・カラメル、アイズ・フォー・ユー、ブリジット・バルドー、エリザベス・テイラー、大地真央
など
*栽培品種は変更している場合があります。